ペットロス交流掲示板

ペットロス虹の橋へのホームへ戻る

NAME:*必須
Tittle:

Tittle Color: SkyBlue  SeaGreen  SlateBlue  RosyBrown  LightPink

コメント:*必須

※できるだけ、
猫ちゃんの
種類も一緒に
ご記入下さい

タグ有効
画像: *GIF、JPG、PNG画像のみ有効。
パスコード:*必須

下の画像に表示された「パスコード」(6桁の数字)を半角で入力してください。(機械による自動書き込みを防止するため。)

 
チョコのママ 2017/02/21 14:53:59
チョコ、あなたが突然逝ってしまってから、今日でちょうど1か月です。いつも側にいてくれたのに、いつもの景色の中にも、いつもの光の中にも、いつもの音の中にも、あなたがいない。
毎日が辛くて悲しくて寂しくて苦しい。逢いたくて逢いたくてたまらない。
まだまだ一緒にいられると思ってた。ママがあなたの体調に気がつかなかったのかな。ごめんね、ごめんね、ごめんね。あなたにあって謝りたい。あなたにあって抱きしめたい。
チョコの大好きだったもの買ってあげても、喜んでくれるあなたがいない。
ママはまだまだあなたのこと笑顔で見送ってあげられないよ...。
あと1回だけでもいい。神様、あの子に逢わせて下さい。
それがかなわないなら、神様どうかお願いです。あの子が一人で泣かないように、お友達と楽しく過ごしているように見守ってあげて下さい。
RE: チョコママさん 2017/02/22 20:07:28 削除キー:
チョコちゃんはここにいる皆さんのワンコ達と一緒にあったかくて心地よい場所で遊んでると思います。私のエジもきっとそうだと思ってます。お別れはさよならではなく永遠のはじまりでずっとずっと一緒です。ママをそばであっためてますよ。ママを包んでます。大好きだよって言ってます。寒い日が続いたますからあったかくしてご自愛くださいね。
M 2017/02/21 01:48:04
ぽんちゃん。あなたが天国へいってから、10ヶ月が経ちました。周りには、「私は大丈夫」と言っていたけど、やっぱりあなたがいないとまだダメです。
高校卒業したくらいから、あまり家へ帰らなくなり、散歩へ行かなくなって、結婚出産して、落ち着いて戻ると、あなたは昔とはすっかり変わってましたね。
ワンパクでヤンチャで、テンションが上がるとリードをぐいぐい引っ張るお散歩だったのに、
尻尾は垂れ、ゆったりしたお散歩に。
でもそれはそれで楽しかったよ。最期のお散歩も、できて嬉しかった。
ずっと聞くのが怖かったけど、あなたはわたしといた時間、覚えてくれていますか?
小学校の頃、毎日遊んだ時間。喧嘩したこと。かくれんぼしたこと。全然ひらってくれなかったキャッチボール。大嫌いなお風呂。一緒に寝てくれたこと。ずっと変わらない4つのお散歩コース。

自分勝手でごめんね。ぽんちゃんには、ありがとうもいっぱいだけど、ごめんねばっかり言っちゃうね。
散歩もあんまり行けなくなって、ごめんね。たまに八つ当たりしちゃったりして、ごめん。お風呂無理矢理いれてごめん。おねだりしてたのに、ブラッシング途中でやめてごめん。大きい音嫌いなのに、起こしかた雑でごめん

怒ってるなら夢の中で仲直りしよう。ぽんちゃんの1番好きなところ、いっぱい撫でるよ!
仲直りして、またいっぱい遊ぼう。
ぽんちゃんのお気に入りのボール、とってあるから。
私がそっちへ行くとき、持っていくね。
キャッチボールの遊び方、教えるよ。
絶対また遊ぼう。ぽんちゃん。
なおりん 2017/02/20 12:17:10
雲ひとつない真っ青な空、深呼吸しながら目を細めた時、
急に暗くなり一雨降るかな、と窓越しに覗いた時、
夕焼けが綺麗で思わず足を止めてしばし見とれた時、
ヒラヒラと雪が舞ってきて愛しさと切なさで見上げた時、色々な空を見上げた時、
ふと虹の橋の愛し子に想いをはせます。
その時心に浮かぶのはヒナも、健くんも、みんなみんなちぎれる程ブンブンシッポをふって、キラキラ輝く瞳、満面の笑顔、そんな姿です。いつも、いつも…
そして心がほっこり温かくなり和みます。

Emiさん、ヒナの命日の折心温まるメッセージをヒナにありがとうございました。お礼が遅くなりました。本当に感謝しています。
ヒナも虹の橋で笑っています。いつもの様にちょっと頭を右に傾げた私の大好きなしぐさで。
“Emiさん、ありがとう“
のん 2017/02/20 03:33:00
今日はなぜか、レオのいない寂しさに耐えれなく、久しぶりに涙する時間を過ごしております。
少しずつ、レオのいない生活に慣れてきてるつもりでしたが、なぜなのでしょう
先月の今日はまだ生きてたのに。と考えるとあの時1ヶ月後にはいなくなってるとは思ってもなく

なぜか夜になると涙がこぼれそうになり、子供に心配かけくないので、ウォーキングに行って泣きながら歩いたり
空を見上げ、ホントに無事にあちらの世界にたどり着けたのかと気になり空に祈ったり

この間子供の夢に出てきたそうです
私の寝てる横を走り回ってて、子供がバタバタしてたらママに怒られるよ!って言うとスッと消えたそうです

私の夢にはまだ一度も出てきません
私に怒られると一番怖いので夢の中でも怒られたくなかったのか、スッと消えたのかな?と
走り回ってたと子供が言ってたので、不自由だった足が足は動くようになって、嬉しくて見せに来たのかなぁ?と子供と話しはしましたが

先程、あの子の骨壺を開け骨を確認しました
やはりもういないのだと
ボロボロになった小さい骨が冷たい骨壺に入っていて、寒がりだったので寒いんじゃないかと

普段の私は何でもすぐに忘れ明るい性格なのですか、今回は自分が思うよりもダメージが強いらしく、恥ずかしいお話しですが生理すら止まってしまいました

こんな話しで気分悪くされた方がいたらごめんなさい
心も体も受け入れられてないんだと再確認しました
体に影響された方いらっしゃいますか?
もう大丈夫と振る舞ってるので、ここだけが吐き出せる場所であり、同じ立場の方に質問出来る場所なので

ホントに気分悪くされた方がいらっしゃたらごめんなさい

RE: ゴンゴン 2017/02/20 04:38:57 削除キー:
のんさん、まだ1ヶ月じゃないですか、もう大丈夫と振る舞えば心に歪みがでますよ。
ここには2年3年過ぎても乗り越えられない方々ばかりです。
私も2年経つのに今だ泣きだす事があります。思い出し微笑む日もありますが..
時とともに悲しみと上手に付き合える日も来ると思います。
我慢しないで、泣き叫んでもいいのです。
RE: 一緒に悲しむ 2017/02/20 06:52:43 削除キー:
愛する家族が亡くなり1ヶ月そこらで立ち直る人がいるとしたら異常なんじゃないかな。
子供の前だからといって、普通に振る舞えば、ママは悲しくないのかな?冷酷な人なのかな?
又、泣いてはいけないよ、笑って送ろうね、などと言えば、愛する人を無くしても
悲しんではいけないのか、我慢するのが美徳なのかと、
心に歪みをもってしまう情操教育になってしまいます。
どうか、お子さんと一緒に泣いて下さい。愛するものが旅立つのはこれほど悲しいものだと
教えてあげて下さい。悲しむのが当然だと教えないとゆがんでしまいます。
RE: 大切なあの仔が旅立ってしまった今だから 2017/02/20 14:38:16 削除キー:
今しかないよね、悲しんであげられるの 愛しんであげられるの
時とともに追憶の彼方に..絶対に忘れないよと言うかたもいるでしょう..
でも、2年..3年..10年..今の悲しみ、愛しみより薄れちゃうんだ。
残酷..でも、それが人間 お子さんは、お母さんがお子さんの前で泣かないので
泣きたいの我慢していませんか?泣くと怒られるとか思っていないでしょうか..
今からでも、二人向き合って、思い出語りながら泣いてもいいと思います。
もうすぐ春 はる 2017/02/17 12:10:16
昨日も今日も、たいへん暖かくていい天気です。
去年のいまごろは、あの子達はもういなかったんだなと
待ち遠しいはずの春の気配を恨めしく思っていました。
あの子達がいなくなった冬のままで、ずっとその方がいいと、
それでも月日は流れ、季節が変わるたびに、そこかしこで面影を追い
戻ってはこない事を受け入れるまでにどのくらいかかったのでしょう。
今でも、そしてこれからもずっと会いたいよ。

はな大好きさん、2、3日前からテレビで河津桜が満開のニュースをやっていました。
はなちゃん今年も桜の花を見に帰って来ますね。
RE:はるさんへ はな大好き 2017/02/17 18:25:43 削除キー:
河津桜とはなの写真を覚えていて下さってありがとうございます。とても嬉しいです。はるさんもお元気ですか?
今年はまだこちらはつぼみですが、先端がピンクになっているので来月のはなの誕生日頃には咲き始めるかもしれません。 
 去年の今ごろはもういなかったんですよね…泣きながら一人で散歩道の河津桜をみた事を思い出します。今年も泣いてしまうかもしれません…
RE: はる 2017/02/18 10:10:26 削除キー:
はな大好きさん、そう、このお写真印象に残っていました。
舌を出したはなちゃんの表情がとってもお茶目ですね。
昨年は私たち、桜が咲いては泣き、そして散っては泣き、
一番苦しい時期でしたね。
今年もまた2回目の春が来ます。
あの子達も虹の橋で2回目の春を迎え、元気いっぱい走り回って
時々私たちを思い出してくれているでしょうか、
RE:はるさんへ はな大好き 2017/02/18 12:21:13 削除キー:
バブちゃんもチビちゃんもはなも絶対私達の事をいつも思ってくれていると信じてます。