ペットロス交流掲示板

ペットロス虹の橋へのホームへ戻る

NAME:*必須
Tittle:

Tittle Color: SkyBlue  SeaGreen  SlateBlue  RosyBrown  LightPink

コメント:*必須

※できるだけ、
わんちゃんの
種類も一緒に
ご記入下さい

タグ有効
画像: *GIF、JPG、PNG画像のみ有効。
パスコード:*必須

下の画像に表示された「パスコード」(6桁の数字)を半角で入力してください。(機械による自動書き込みを防止するため。)

 利用規約に同意した方のみ「書き込み/更新」ボタンを押して下さい。
 
マルスさん きよ 2019/09/14 09:22:53
喪失感が大きくなりますね。
早朝、皆で散歩した道を歩いてみました。
お散歩されているワンちゃん連れの方。。
過ぎた時を想いました。

また、来月お話ししにきますね。
マルスさん、話しかけてくれてありがとうございました。
マルスさん きよ 2019/09/11 08:13:01
過ぎていく日々に一生懸命ついていく
本当にそんな感じです。

不思議と、大泣きしていた日々よりも
泣く事は少なくなった今の方が、寂しさが
増してきたような。。
虹の橋。。渡ったあの子達はどうしてますかね。

お花買ってきました。綺麗です。
RE:確かに マルス 2019/09/13 19:04:17 削除キー:
きよさん
確かにだんだん泣かなくなりました。
まだまだ想い出にはなりません。
あの子はここに生きていた現実は
やはり大きい過ぎます。。。
花を買おう マルス 2019/09/04 18:47:40
月命日です。最近1カ月が早く過ぎていきます。
偶然、仕事帰りにトイプーを見かけました。きれいにカットされたクリーム色のトイプー。
マルスはアプリコットだったな。大きさは同じくらいかな。
なんて、マルスの日に会えた偶然でした。
今日は花を買って帰ります。
だんだん一周忌が近づきます。あの日。
私もあの日を一生背負っていくひとりです。

きよさん、普通の日常が戻っていますか。
RE:マルスさん きよ 2019/09/10 18:55:56 削除キー:
日常。。なんだか日常がよくわからない感じです。
1年ちょっとの間で、ラク、モモ、バジルと別れ、
正直な気持ち、何が何だかわからなくなってしまってます。
沢山携帯に入っていた写真を、アルバムにしたり。。
そんな日々です。

マルスさん、私も花を買いに行きます。
あの子達に供えます。
一周忌。。。近づきますね。
RE: マルス 2019/09/10 21:47:42 削除キー:
きよさん
日常って…
たしかに今はあの子がいない日々が日常になっています。
ここにいるのが、当たり前だったのに。
私達、過ぎていく日々に一生懸命ついていく感じですね。
あろえ 2019/09/01 06:23:44
会いたいです。
お盆 パピ助 2019/08/13 14:39:11
3度目のお盆になります。
骨壷の前に手抜きのようなお供え物を供え年月を感じます。
勝手な話しかも知れませんが、正直どんな形でも最後を看取れた飼い主を羨ましく思います。仕事や用事、その日その時まさか亡くなるとは考えもせず仕方ないことだし納得も理解も何度もしています。それでも申し訳ない気持ちだけは仕方ありません。どっちも辛さに差がないことも理解はしています。
RE: きよ 2019/08/14 14:16:37 削除キー:
パピ助さん。
先日は写真掲載の仕方教えていただきありがとうございました。
結局出来ていないのですが。メカに弱いです私。
私もお盆準備終え、4日ぶりにここにきました。
最後を看取れなかった悲しみ。そうですよね、本当に辛いですよね。
3度目のお盆。パピちゃんと語りあってくださいね。
RE: パピ助 2019/08/15 00:21:44 削除キー:
17年、最後に目にするのは飼い主であって欲しかった。仕方ないです。
RE:coo、帰ってきていますか? coo姉 2019/08/15 12:39:54 削除キー:
最後を超え、死後も聴覚は残っている、と聞いた事があります。
飼主さんの想いは、パピ助くんには必ず届いているはず。

「愛しのサザビー」「またね、富士丸」「マイドッグスキップ」「いぬのえいが」
cooを膝に乗せ、泣きながら観ていました。
いつか来るであろう日を覚悟する意味でも。
でも、覚悟なんて出来ていなかった。

17年も一緒にいられて、羨ましい。
小型犬程長生き、と信じていた私、私が飼わなければ今も健在だったはず、と自分を未だ責める時があります。

この罪は、ずっと背負う、私自身の試練です。
RE: パピ助 2019/09/02 14:41:56 削除キー:
愛犬にとって飼い主は全てです。人間は愛犬以外にも多くの人間と関わります。愛犬は飼い主を理解し応えようと努力しました。飼い主は愛犬の為を思って厳しく育てたり忙しさを理由に相手をする時間を減らす場合もあり、失って初めて自分は飼い主として立派だと言えるのかを自問します。

亡くなって会いたいと考えるのは、可愛いから感謝したいより先に謝りたいんだと思います。与えられた環境に満足し飼い主だけを愛し亡くなった愛犬に対し飼い主の人間は愛犬が人生の全てではないです。全ての時間を飼い主と過ごす愛犬と人間は違います。多くの飼い主は亡くなった愛犬に申し訳ないと考えてしまうのは仕方ないんだと思います。