ペットロス交流掲示板

ペットロス虹の橋へのホームへ戻る

NAME:*必須
Tittle:

Tittle Color: SkyBlue  SeaGreen  SlateBlue  RosyBrown  LightPink

コメント:*必須

※できるだけ、
わんちゃんの
種類も一緒に
ご記入下さい

タグ有効
画像: *GIF、JPG、PNG画像のみ有効。
パスコード:*必須

下の画像に表示された「パスコード」(6桁の数字)を半角で入力してください。(機械による自動書き込みを防止するため。)

 利用規約に同意した方のみ「書き込み/更新」ボタンを押して下さい。
 
初めまして、失礼します・・・ ゆうこ 2019/05/22 21:25:52
愛してやまない愛犬を見送って今日で7カ月経ちました。
13歳と4カ月、苦楽を共にし、私に一生懸命寄り添ってくれた女の子でした。
医師の誤診、壮絶な闘病生活、病状に合わせた適切な介護が出来なかった事、
亡くなって数カ月は悲しさと苦しさ、後悔や自責の念に悶絶していましたが、
波はあれど、今は少しだけ落ち着いています。

ですが、薄い薄いガラスのような心になってしまい、
悪気は無いのだろうけど、無神経な人達からの言葉に傷つき、怒り、
あれだけ動物達を愛していた気持ちも今では半減し、
心が病んでしまった。
自分が生きる意味を見出す事が出来なくなりました。
何の為に生かされているのだろうと。
一刻も早くあの子の傍に行きたい・・・。

そんな中、ここにたどり着き、私と同じ思いをしている方達がいることを知り
ほんの少しだけ救われたような気がします。

何も気の利いた言葉は見つかりませんが、
皆さんの辛く悲しいお気持ちに心を寄り添わせてください。

つたない文章、お許しください。
ロコへ ロコ母 2019/05/22 20:16:54
真っ黒くろすけ、アメリカンコッカースパニエルのロコ。

13歳でお星さまになりました。
5歳でうちにきて8年、
まだまだ一緒にいたかったよ。

史上最長の10連休のおかげで、
普段は仕事で一緒にいられなかったけど、
まったりした時間を過ごせたね。

もうがんばらなくていいよ、と言ったけど、
実際に会えなくなったら、あんなこと言わなきゃよかったと思うよ。
ごめんね。

さみしいなあ、
ロコに会いたいなあ。

またあの頃みたいに、
のんびりお散歩して、
ウッドデッキでひなたぼっこしたいよ。

なかなか立ち直れなそうにないよ。
皆様、ありがとう coo姉 2019/05/20 16:21:43
同じ呼び名、coo姉ですが…

あのこにとっては全く別物、と思って変えませんでした。これからも、変えるつもりはありません。
だって、cooだったし。

くー姉さん、ありがとう。
皆様も。

時に、吐き出しに来るかもしれません。
その時は、気分悪くされると思いますが…よろしくお願いいたします。


のはらさん のりこ 2019/05/19 15:33:25
下で、お返事くださっていたことに、今気づきました。
ありがとうございます。

「死なせてしまった」というお気持ち、私も同じです。
「いつか死んでしまうんだ」という覚悟はありましたが、よもや「私が殺した」と思うような死なせ方をすることになろうとは、全く思いもよりませんでした。

最期の2週間、てんかん発作が起きたらを静脈注射で止めるため、ずっと静脈点滴を家でしていました。
素人の私が、点滴に注射器で、薬を入れるのは本当に怖かったです。
ほとんどこん睡状態でやせ細り、時々起きては狂ったように暴れ、またこん睡。
点滴の穴が詰まり、注射できなくなるので、毎日、点滴を差し替えてもらうために、病院へ。

でも、そんな苦しい思いをさせて生きながらえる意味があるのか、
それでも、無理にでも、食べさせたら、もしかして元気になるんじゃないのか、

結局、私は、苦しませるよりは、少しでも早くラクになってほしい、つまり、死んでほしい、と思い、
点滴を止め、時々口に水を含ませて…数日、そうして、逝きました。

2週間、ほとんど寝られず、付きっ切りでした。苦しむ姿を見たくなくて、
「お願い、もう、早く死んで!」って思いました。
それでも、もっと栄養を与えたら、意識もちゃんと戻ったかも、
また立てるようになったかも、と、今も自分を責めています。

過去にも犬は4匹送りました。
最後の1匹だったきゅうちゃんは、特別な存在でした。

自分の対応を責める私に、娘は「今までの犬も、みんな自然に任せて死なせたよ。きゅうちゃんは差別的なほど、十分してあげたと思うから、あれでよかった。」と言ってくれますが、

私は、きゅうちゃんの最期が地獄のように思えてしかたありません。

17歳と8か月でした。
じゅうぶん、長生きだと思います。

それでも、もっともっといっしょに居たかったなぁ、と思います。
嫌なことや、つらいことがあtっても、きゅうちゃんを抱きしめると、
不思議な癒しのパワーがもらえて、頑張れました。

犬から出てる、あのパワー。なんでしょうね、すごく、心が満たされて、ホッとできました。

もう一度抱きしめたいです。
もう、心の中でしか、抱きしめられないけれど。

のはらさん、ご自分を責めないでいいと思います。
私も、運命、寿命、その時の生活の在り方などで、
あの時が、愛犬を見送る時期だったんだと、仕方なかったんだと、思うようにしています。

なかなか元気が出なくて、ここへ何度も来ています。

でも、今、愛犬たちが虹の橋で元気に走り回っている様子を、思い描いて、
共に過ごして楽しかった日々に感謝して生きなければ、って思っています。

いっしょにがんばりましょう。