虹の橋へ
ホーム インターネット墓地 掲示板 植樹協会 サイトについて
コンテンツ

癒し効果

「虹の橋」の詩

(KENZO訳詞)が

本になりました。

『さよならの合図―ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間』

著者:松田朋子

出版社:メディアファクトリー


>>詳細を見る

 ■天国への樹-植樹協会

天国への樹植樹協会

Trees to Heaven天国への樹
を地上にもという願いから、
天国への樹植樹活動を行うこと
を主な活動としています。

カラーセラピー
色の効果

イエロー

グリーン

ホワイト

ブラック

ピンク

ブルー

レッド

黄色の効用

自然では菜の花、ひまわり、レモンなど黄色は未来への希望を託す色です。
イエローは太陽のように明るく 幸福感をもたらしてくれる色。
キーワードとしては幸せ・楽しさ・笑顔・明るさといったところでしょうか

人の目を引く色でもあるため 注意しないといけない場所にもよくわれていますね。
知識を吸収する色でもあり 集中力を高めてくれる色でもあります。

人と喜びを分かち合える素直な気持ちをもてるようになれます。
結果、会話やコミニケーションが円滑になり、明るく聡明な自分が上手く表現され、人間関係が円滑になっていきます。 脳や神経を刺激する効果もあるため、知的能力を必要とするときや、精神の集中が必要なときにもオススメです。
また、消化不良、便秘、神経性胃炎、緊張状態などにも効果的です。 風水的に家の中で合う場所は、金運を呼びこむといわれる西方向です。 西に黄色を置くことで、気持ちが明るくなり、プラス発想的な思考に変化していくと、お金という一般的にネガティブな要素(お金持ちはきたない、とかいう発想です)を持つものにも運がついてくるということなのです。

黄色は明るく、快活な色です。ほとんどの人は、純粋な濃い黄色 を見ると暖かさと活力を感じます。 太陽がまぶしいほどに降り注ぐ輝ける朝のエネルギーのように、黄色は明晰性と気づきをもたらします。
何かに集中したい時、リフレッシュしたい時など、身近なものにレモンイエローを取り入れてみると効果的です。 黄色は自分の可能性を輝かせることで 明るい未来を導ける色です。


こんなときは

気分が落ち込んだとき、悩んでしまい解決の糸口が見つからないとき、人の注意を引きたいとき、 問題を解決できずにいて混乱し、どうしたらよいのかわからないとき…

黄色の光には、過去の傷やそれによる無意識の拒絶を取り除く作用があり、罪悪感を軽くする効果もあります。

黄色は、とても目立つ色なので、自分の方に気持ちを向けてもらいたいときにも身につけるようにしましょう。


体への影響

黄色の光は、神経や皮膚、消化器系に影響を与えます。あらゆる神経に作用し、消化を助け、胃を強くし、胃腸内のガスを排出する特質をもちます。
便秘がちな方は、トイレのスリッパや便座カバーなどに黄色を取り入れると良いでしょう。 胃が弱っている二日酔いのときには黄色いものが心地よく感じます。


脳を刺激

論理的な判断が必要な場や、自制心をコントロールしたいときに、知力を高め、不安を消し去ってくれます。
黄色は、もっとも自然光に近い色です。人に喜びや希望を与え、楽天的な考え方をもたらし、社交的で楽しい気分を生み出します。


心の判断力

黄色は、知性と理解力を刺激するので、考えを系統立てまとめたいときや、知的能力をためされる場(試験や面接など)で助けになる。 不安や自信のなさを解消し、気持ちに力を与え、知的に振舞うための心の余裕を与えてくれる色です。
また、理解力を高めてくれるので、内気な人でも上手に会話を運べるようになります。

しかしあまり多くの黄色の光の中にいると、知性と感情のバランスが崩れ、自制心を失い、意識的な行動がとれなくなります。
また、不安や恐怖心が強くなり、結果的に乱暴な行動に出てしまうことがあります。 黄色という色は、他の色とともに補助的に、またはコントラストとしてバランス良く使われるべき色です。


ペットの話リンク
スポンサーのリンク