虹の橋へ
ホーム インターネット墓地 掲示板 植樹協会 サイトについて
コンテンツ

癒し効果

「虹の橋」の詩

(KENZO訳詞)が

本になりました。

『さよならの合図―ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間』

著者:松田朋子

出版社:メディアファクトリー


>>詳細を見る

 ■天国への樹-植樹協会

天国への樹植樹協会

Trees to Heaven天国への樹
を地上にもという願いから、
天国への樹植樹活動を行うこと
を主な活動としています。

野良猫アビィ

郊外の家猫になったアビイは、近所の家に出かけていっては他の猫たちと過ごしていました。
やがてアビイは、虫やネズミを捕らなくなりました。
でも爪をとぐことはやめませんでした。
家具や、家の柱などをひっかいたりするものだから、家中ひっかき傷だらけとなってしまいます。
「鋭い爪があるのに、ネズミを捕らない猫はいらない」と嫌われたアビイ。
ある日、訪ねてきた女性が「瞳が美しくて、とってもかわいい猫だわ」と言って都会の家に連れて行きました。

都会の家猫になったアビイは、いつも家の中で過ごしていました。
やがて爪をとぐことをしなくなり、家具などにひっかき傷も作らなくなりました。
賢い猫だから、おしっこは人間のトイレですますことが出来ました。
ぴょんと便器に飛び乗って後ろ向きになり、用を足すのです。
でも、人の体にすり寄ってしっぽを巻き付けたり、のどをゴロゴロさせて、人に甘えたりはしない猫でした。

「賢い猫だけど、呼んでもそっぽを向いて返事もしない。愛想のな い猫だ」と思われていました。

ある日のこと、家の人はアビイを置いて遠くへ引っ越してしまいました。
取り残されたのです。

ひとりぼっちになったアビィは家を出ました。

「リンリ〜ン、リンリ〜ン」 昔公園で聞いた仲間の鈴の音が聞こえるような気がしたのです。
都会を抜け出し、山を越え、谷を越えて、耳をそばたてます。
森を過ぎる頃には、鈴の音ははっきりとしてきました。
一休みしたいアビイは、小川で大好きな水浴びをしようとして、大きな道路を渡ろうとしました。

そのとき、突然車が飛び出して、アビイはビックリして動けなくなりました。 危ない!「キュキュキュー、ドン」と鈍い音がして、辺りは静まりました…。

取り残されたアビイ

前のページへ 次のページへ

ペットの話リンク
スポンサーのリンク
クリーニングのデア
ファッションケアクレアン
ぬいぐるみ・子供服工房「リアンジェ-Re.Ange